トップページ >認定 NPO法人ふれあい自然塾とは

NPOふれあい自然塾とは

理事長あいさつ

特定非営利活動法人 ふれあい自然塾設立にあたって

私たち人間の暮らしは、自然環境と深く結びついてきました。豊かな自然の中で、自然と共生しながら家族や地域住民との絆を強め、自然とのふれあいが、私たちに豊かな感性や安らぎを与え、又それが人間関係や人間形成に良好にして多大な影響を与えてきました。

しかし、自然とふれあう機会を失いつつある昨今、家族間を含めて人と人のふれあいも減少し、人間のコミュニケーション能力が低下してきています。青少年たちは、自然界からの豊かな恵みを享受することも自給自足も知らないままに育ち、情報化社会の中で、自らの人生でさえゲーム感覚で生きている若者が急増し、社会のモラルの低下や犯罪率の増加に繋がるという悪循環になっています。

そこで私たちは、日本全国の青少年やその家族に対して、自然とのふれあいを通じ、自然の恩恵、社会の恩恵を感じ、協調性を養い、自立の精神を高め、自己責任意識、自給自足能力、サバイバル能力の向上や、自然と環境の保全及びエコロジーに関する教育事業、そして自然の中での生活体験事業など環境保全に対する意識作り、さらに自然と人のふれあいを通じて情操教育を高めるために、特定非営利活動法人を設立しました。

なお、活動の際には、同じ思想を持つ全国の団体と連携を深め、ネットワークを構築し、地元の方との交流など、地域の活性化に努めます。

私たちは野外学習やキャンプ等自然の中での生活体験を通じて、生きることの大切さ、自然と人間の共生、又は人と人のふれあいからできた、人間本来の姿を取り戻したい、と考えています。

IMG


ページのトップに戻る

 

 

認定NPO法人とは

当NPO法人は、平成29年9月8日に神奈川県の「認定」を取得しました。
(N協第4003号、有効期限:平成34年9月7日迄)

この背景は、平成23年6月に公布された「特定非営利活動促進法の一部を改正する法律」により新たな認定制度の整備が行われ、平成24年4月1日から施行されたことにより国税庁長官が認定する認定制度が廃止され、都道府県の知事又は指定都市の長が認定する新たな認定制度が開始されたことによるものです。

ふれあい自然塾は、平成21年12月1日付で国税庁より「認定」を受けておりましたが、新たに神奈川県の「認定」を取得しました。

認定NPO法人制度には、寄付金に対して税制上の特例措置があります。

詳細は、「寄付金について」(http://www.fureai-shizen.or.jp/kifu/index.html)をご覧ください。

ページのトップに戻る

 


トップページ | 認定 NPO法人ふれあい自然塾とは | 活動内容 | 活動報告 | 入会案内 | Q&A |
ふれあいNETWORK(パートナーシップ支援事業)について | 寄付金について | リンク